学生生活

在校生の声

岩本 修弥さん

学部では神戸学院大学防災・社会貢献ユニットで防災を学ぶとともに、住宅団地での「学生入居」に参加し、自治会活動等に取り組んできました。将来は地域の減災復興政策のリーダーになれるよう、より密なコミュニティの構築について研究したいと思っています。

立部 知保里さん

斜面災害対策の会社で主に海外営業を担当していましたが、市民目線での防災と海外での防災協力について見識を深めて実践につなげたいと考え、休職し、入学を決めました。学問理論と現場の両方を学び、その知見を地域に、そして世界に還元していきたいと思います。

三好 佑亮さん

徳島県職員として熊本地震の支援活動に関わったことを契機に、南海トラフ地震に備えた行政運営のヒントを得るため入学しました。知識の習得にとどまらず、学外の「防災プロフェッショナル」の方々との出会い、様々な経歴を持つ院生同士の交流など新鮮かつ刺激的な毎日です。

学生生活

c Copyright, Graduate School of Disaster Resilience and Governance. All rights reserved.