入学案内

アドミッションポリシー(入学者受入れの方針)

博士前期課程

求める学生像

本学ならびに他大学・大学院において、行政学、経済学、都市計画学、建築学、社会学、心理学、教育学、情報学などの専門分野を修め、将来、減災復興の専門家として活躍が期待する者が想定される。減災復興に関連する学問は多岐に渡るため、学部教育を受けた者が出身学部において身に着けた基礎的素養をベースに、様々な角度から減災復興を学修する意欲のある者を入学させる。社会人については、職場での経験を踏まえ減災復興に関する理論と実践を学修したい者も対象とする。なお、一般学生と社会人学生の割合は約半数ずつと想定しており、多様なバックグランドを持つ学生が混在し、互いに切磋琢磨する教育研究環境の実現を目指す。

(1) 本研究科の理念と教育(目標・内容)を十分に理解している人

(2) 次代を担う、社会に貢献する等の目的意識を持って自らの能力を伸長しようとする勉学意欲にあふれた人

(3) 論理的思考や表現力など、志望する専門分野にふさわしい適正を有する人

アドミッションポリシー

(1) 知識・技能

学士課程卒業相当の専門性と教養を身に着け、自らの思考・判断のプロセスや結果を説明するに必要な知識・技能を有している。

(2) 思考力・判断力・表現力

与えられた課題に対して学士課程卒業に相当する程度の理解力があり、自身の考えを表現するコミュニケーション能力とプレゼンテーション能力を有している。

(3) 主体性・多様性・協働性

自らの研究課題を意識し、それに主体的に取り組もうとする意欲に加え、多様な文化や価値観にも関心を抱き、様々な人々と協働して地域に貢献する意欲を有している。

博士後期課程

求める人材像

本研究科の博士前期課程を修了し修士の学位を取得した者の他、本学の他研究科または他の大学院において、行政学、経済学、都市計画学、建築学、社会学、心理学、教育学、情報学などの専門分野で修士の学位を取得し、将来、減災復興の専門家として活躍を期待する者が想定される。減災復興に関連する学問は多岐に渡るため、出身大学院において身に着けた専門的素養をベースに、様々な角度から減災復興を学修する意欲のある者を入学させる。社会人については、修士の学位に相当あるいはそれ以上の学力を有し、職場での経験をベースに、減災復興に関する理論化を図りたい方も対象とする。
求める人材像としては、以下のとおりである。

(1) 本研究科の前期課程で4つの領域を理解し、それを基盤に減災復興政策に関する理論を構築する意欲のある者

(2) 減災復興政策に関連する分野で行政、企業、NPO、研究機関等で勤務した十分な実績を有しており、その理論化、体系化を図る意欲のある者

(3) 国際防災協力を理解するとともに、英語力にも長け、国際舞台で活躍する意欲のある者

アドミッションポリシー

(1) 知識・技能

博士前期課程修了相当の減災復興政策の専門性と教養を身に着け、自らの思考・判断のプロセスや結果を論理的に説明するに必要な知識・技能を有している。

(2) 思考力・判断力・表現力

自らの課題を探究する上で、博士前期課程修了に相当する程度の理解力があり、自身の考えを表現するコミュニケーション能力、プレゼンテーション能力、記述力を有している。

(3) 主体性・多様性・独創性

自らの研究課題を意識し、それに主体的に取り組もうとする意欲に加え、多様な文化や価値観を尊重した上で、独創的な研究に反映できる能力を有している。

減災復興政策研究科パンフレット

パンフレットはこちら

入学案内

c Copyright, Graduate School of Disaster Resilience and Governance. All rights reserved.